熊本県と太陽光発電の有利になる季節

太陽光発電についてですが、実は有利になる季節というものがあります。
どのような季節でも、同じように発電をしてくれるというわけではありません。
季節によりまして、いっぱい発電できる季節と、
そんなに発電できない季節に分かれるのです。
ではその太陽光発電に有利な季節と不利な季節なのですが、
まず有利になるのが春と夏です。
そして不利になってしまうのが、秋と冬なのです。
ではなぜそのようなものになるのかと申しますと、明確な理由があります。
それは日照時間というものです。
日の出から日の入りの時間が長ければ長いほどしっかりとした発電が可能です。
一方で日の出から日の入りまでの時間が、
短ければ短いほど不利になってしまうというわけなのです。
ですので、春と夏は太陽光発電には有利で、
秋と冬は太陽光発電が不利になってしまうというわけです。
以上のようにバランスがとられているというわけなのです。
ただし、完全に上記の考えで収まってしまうわけにはいきません。
熊本などは特に夏などは熱いです。
南国的な暑さに見舞われるようなこともあるのです。
特に夏につきましては、高温になりますのでそれが太陽光発電に悪影響を出すのです。
その太陽光発電への悪影響なのですが、具体的には発電量の低下というものです。
高温になりますと、パネルの材質によりましては、
発電量が一気に落ちてしまうこともあるのです。
ですので、夏よりも春のほうが発電量がいいこともあるのです。
以上のような違いがありますので、
しっかりと理解されていくと良いのではないでしょうか。

サイトマップ