方角を考えよう

発電をする際には、ソーラーパネルの設置が必要になります。
色々な場所に、設置をすることが出来ると話をしました。
では、とりあえず広いスペースがあれば設置をすることが出来るのでしょうか?
ソーラーパネルの役目についてですが、太陽の光を浴びて発電をするという仕事をしてくれます。
そして発電をした電気を使うことが出来ますね。
そのためには、太陽の光を浴びるということが重要なんです。
太陽の光を浴びやすい方法を考えなくてはいけません。
ではどういったことを注意すれば良いのでしょう。
まずはじめに、設置をする向きについて考えましょう。
発電についてですが、日中発電をすることが出来ます。
朝やお昼や夕方になります。
夜は発電をすることが出来ません。
特に、お昼についてはよく太陽の日差しが届くので発電がしやすいと言われています。
特に日中の発電について考えるとよいでしょう。
部屋の中にいてあたたかいと感じるのは、どういったときのことでしょうか。
よく日差しが届く、部屋があたたかいと思うのは方角が幸いしてのこととも言えます。
南向きの部屋はよく日差しが届くとか、あたたかいと言われていませんか?
ソーラーパネルについても同じなのです。
太陽の日差しがよく届く、南向きに設置をするとよいと言われているんです。
例えば自宅のまわりを考えて、屋根があるとか庭があるとかいくつか場所があるとしましょう。
ではどこに設置するのが良いのか考えた時に、南向きに近いのはどの場所なのかという点を、考慮してみると良いでしょう。
結果、庭よりも屋根の方が南向きに適していると思えば、屋根にソーラーパネルを設置するとよいでしょう。
せっかく設置をしても、太陽光発電をすることが出来なければ、なんのために取り付けをしたのか分かりません。
また費用についてももったいないと感じてしまうでしょう。
後々のことを考えて、きちんと方角についても視野に入れて、設置をするようにしましょう。


サイトマップ