阿蘇市での太陽光発電

太陽光発電の導入は、冬、日照時間が極端に少なくなる東北以北を除けば、日本全国だいたいのところで可能なようです。
考えてみれば、南向きの屋根にさんさんと太陽が照りつけるところ、という条件を満たせば、冬場は期待できなくても、春・夏・秋で東北以北でも太陽光発電の導入は可能です。
ただ、冬場も天気が良い日はソーラーパネルが太陽光を集めますから、できれば年間を通して発電できる環境であることが望ましいと思います。
阿蘇市での太陽光発電の導入は、そういった意味では南向きの屋根に太陽光が当たるという条件さえ満たしていれば、気候の面からの問題はさして見当たらなさそうです。
ただ、九州だから年間を通してあたたかいだろうという考えは少々早計で、冬の阿蘇はかなり気温も低く、寒くなることがありますから、そのあたりも考えておかなくてはなりません。
そうやって太陽光発電に適した場所について考えてみると、結局のところは太陽光をどれだけ集められるかというところにかかってきて、それが何よりも大事なことだと思います。
太陽光発電というくらいですから、とにかくソーラーパネルに太陽の光を当てなければ発電することはできず、とりつける意味もないわけですから、阿蘇市において太陽光発電を導入するなら、まずは場所の確保からということになると思います。
南向きの屋根に首尾よく取り付けられたとしても、毎日晴れというわけではありませんから、自然エネルギーのムラといったものも理解しておく必要があると思います。

サイトマップ