太陽光発電で安定した収益をあげるためには・・・

太陽光発電は、クリーンで安全な再生可能エネルギーです。
無尽蔵の太陽の光を電気に変えることができるので、電気を作るランニングコストは必要なく、作った電気を売電することによって安定した収益をあげることができます。
しかし安定した収益をあげるためにはどの様にしたらいいのでしょうか。
まずは設置のための初期費用で、工事代金といっていいのです。
これは安いほうがいいに決まっていますが、国や地方公共団体の補助金をよく確認してください。
国の補助金は全国同じですが、地町村の補助金はその自治体によってかなりの違いがあり、一括見積もりとともに、補助金については確認しておく必要があります。
そして、自宅の屋根で発電するわけですが、屋根の方向や形状に関して注意を払ってください。
一般的に、南向きで切妻の屋根の発電量が一番いいといわれていて、同じ地域であっても、屋根の方向や形状によって発電量がかなり異なってくるので、投資した資金の回収の期間が違ってきます。
太陽光発電を設置する前には、このことを確認しておいて判断してください。
また、地域によって日照量にかなり違いがあり、日照量はどれくらいなのか確認してください。
それらを確認したら、設置してもらう業者選びですが、価格が安い業者で信頼できる業者であれば言う事はありませんが、太陽光発電はいったん設置したら長く使用するもので、メンテナンスを含めて末永く付き合いができる業者を選んだほうが良いのではないでしょうか。


サイトマップ